Search
Languages

Bourns、9つの新装置で高電圧TVS プロダクトの製品ラインナップを大幅に拡大

(カリフォルニア州リバーサイド、2015年2月10日) - 電子コンポーネントのリーディング・メーカーおよびサプライヤーであるBourns は本日、同社の高電圧電力.過渡電圧サプレッサ(PTVS) 製品ラインナップ.の大幅な拡大を発表した。170~430 Vの優れた双方向ポート保護を提供する9つの新型PTVS 装置は、屋外環境における露出した交流・直流電源供給など、広範な交流配線および高出力直流安定化用途における厳格な IEC 61000-4-5 8/20 μs 電流サージ要件を満たすように設計されている。顧客に対する利点としては、競合する一般的なMOV テクノロジーが提供する性能と比べて、PTVS シリコンベースのテクノロジーによりサージ時の制限電圧を下げ、性能安定性を増大し、信頼性を高めることが挙げられる。

Bourns® の新製品は温度に対する優れたサージ応答性を示しており、150℃での標準最大サージ電流は25℃での定格値の70 %を超えていた。

製品特徴

Bourns® モデル反復スタンドオフ電圧(V)8/20 μs 時ピーク定格電流-IPPM
PTVS10-170C-TH170 V10 kA
PTVS10-320C-TH320 V10 kA
PTVS10-380C-TH380 V10 kA
PTVS10-430C-TH430 V10 kA
PTVS10-470C-TH470 V10 kA
PTVS6-380C-TH380 V6 kA
PTVS6-430C-TH430 V6 kA
PTVS3-380C-TH380 V3 kA
PTVS3-430C-TH430 V3 kA


「長期間電線を短絡させずにピーク時サージ伝達を許容レベルに限定することにより損傷を避けるのは、クリティカル・システムのダウンタイムや高価な保守点検を最小限に抑える上できわめて重要です。 Bourns® PTVS ダイオードはこれらのニーズを満たす優れたソリューションです」とBourns, Inc. の製品ライン・マネージャーであるBen Huang 氏は述べた。「当社の拡張したPTVS 製品により、電力線のサージや間接的な落雷などの厳しい事象にさらされる、再生可能エネルギー、産業、テレコム等の用途に用いられる交流・直流電力供給に対する必要な保護を提供します。」

価格および在庫
これら9つの新型のBourns® PTVS 製品はRoHS 準拠*で現在在庫がございます。参考価格として、Bournsモデル PTVS6-430C-TH は10個単位で各$72.60です。詳細については、Bourns® 電力 TVS 製品のページをご覧ください。

Bourns について

Bourns, Inc. は、位置センサー、速度センサー、回路保護ソリューション、磁気部品、マイクロ電子モジュール、パネル制御部品、抵抗部品の一流メーカーであり、サプライヤーでもあります。米国カリフォルニア州リバーサイドに本社を置く Bourns は、自動車、産業、消費者、通信、ノンクリティカルなライフサポート医療、オーディオをはじめとする多様な市場セグメントにおいて活動しています。当社および製品に関する詳しい情報は、www.bourns.com をご覧ください。

Bourns®およびBourns のロゴは、Bourns, Inc. の商標または登録商標であり、Bourns の許諾を得た場合のみ公的に使用することができ、また適切な権利の表記が必要です。 列挙した他の名称およびブランドは、各権利所有者の商標または登録商標です。

メディアエージェンシー窓口:
Annette Keller
Keller Communication
(949) 947-7232
annettekeller1984@gmail.com
代理店窓口:
Hiroshi Horie
Bourns Asia Pacific, Inc.
81-49-2693204
Hiroshi.Horie@bourns.com

 

弊社窓口:
Josephine Chen
Bourns Asia Pacific, Inc.
886-2-2562-4117 #138
Josephine.chen@bourns.com
Please take a quick survey
アンケート  
Opt out

Bournsウェブサイトに関するアンケート

1を最低、5を最高の評価として、忌憚の無いご意見をお聞かせ下さい。
知りたい情報は見つけられましたか?
弊社のウェブサイトについて、総合的にどのくらい満足していますか?
知りたい情報は見つけやすかったですか?
弊社のウェブサイトをお友達や同僚にお勧めできそうですか?