Search
Languages

Bourns、3種類の新たなKomatsulite ミニブレーカ電池式エレクトロニクス用過熱・過電流防止装置シリーズを発表

電子コンポーネントのリーディング・メーカーおよびサプライヤーであるBourns は本日、最近買収したBourns 傘下企業であるKomatsulite が、3モデルの新たなミニブレーカ過熱・過電流保護装置シリーズを発売したと発表した。Komatsulite™ のLC シリーズ、HC シリーズおよびNR シリーズのA タイプミニブレーカモデルは、異常な過電流をほぼ瞬間的に制御し、ポリマーおよび角形ベースのリチウム電池における熱問題や火災を防止する目的で設計されている。広範囲の温度オプションを有するこれらのミニブレーカーは、ノートブックPC、タブレット、デジタルカメラ、スマートフォン、携帯電話など様々なバッテリー駆動式の消費者向け電子機器に対する最適な保護ソリューションを提供している。

「Komatsulite は、バッテリー駆動用途の過熱・過電流保護ニーズを満たすミニブレーカ・テクノロジーの開発における長年の確固たる実績があります。当社のミニブレーカは、バイメタルヒューズおよびポリメリック正温度係数(PTC)装置を革新的にワンパッケージで結びつけ、それぞれのテクノロジー単体と比べて複数の利点を提供しています」とKomatsulite 社長のYoichi Yoshimura 氏は述べた。「複数の温度オプションがあることに加えて、出荷前にトリップ温度やリセット温度、インピーダンスに関する完全なインライン検査を実施しているため、新しいKomatsulite™ のミニブレーカシリーズは、高い信頼性で過電流および過熱の危険からバッテリーセルを保護します」

The LC シリーズ, HC シリーズおよびNR シリーズ A タイプミニブレーカモデルは現在在庫があり、RoHS* 準拠である。Komatsulite™ の新型3つのミニブレーカシリーズは、Bourns の過電流防止用PTC リセッタブル・ヒューズおよびTBU® 高速防護装置、並びにTVS ダイオードTISP® サイリスタ多層バリスタおよびガス放電管(GDT)などの過電圧保護装置からなる広範な製品ポートフォリオを補完する製品である。

Komatsulite について
Komatsulite は日本国大阪に本社を置くBourns 傘下企業である。同社は、充電式リチウムイオンバッテリーのための安全装置の分野のリーダーである。Komatsulite 社のイノベーティブなミニブレーカ・装置は、長いバッテリー寿命、高い消費電力および短時間での充電を可能にする一方、高温および過電流条件下においてバッテリーを保護する効果的なメカニズムを提供している。

Bourns について

Bourns, Inc. は、位置センサー、速度センサー、回路保護ソリューション、磁気部品、マイクロ電子モジュール、パネル制御部品、抵抗部品の一流メーカーであり、サプライヤーでもあります。米国カリフォルニア州リバーサイドに本社を置く Bourns は、自動車、産業、消費者、通信、ノンクリティカルなライフサポート医療、オーディオをはじめとする多様な市場セグメントにおいて活動しています。当社および製品に関する詳しい情報は、www.bourns.com をご覧ください。

Bourns®およびBourns のロゴは、Bourns, Inc. の商標または登録商標であり、Bourns の許諾を得た場合のみ公的に使用することができ、また適切な権利の表記が必要です。 列挙した他の名称およびブランドは、各権利所有者の商標または登録商標です。

メディアエージェンシー窓口:
Annette Keller
Keller Communication
(949) 947-7232
annettekeller1984@gmail.com
代理店窓口:
Hiroshi Horie
Bourns Asia Pacific, Inc.
81-49-2693204
Hiroshi.Horie@bourns.com

 

弊社窓口:
Josephine Chen
Bourns Asia Pacific, Inc.
886-2-2562-4117 #138
Josephine.chen@bourns.com
Please take a quick survey
アンケート  
Opt out

Bournsウェブサイトに関するアンケート

1を最低、5を最高の評価として、忌憚の無いご意見をお聞かせ下さい。
知りたい情報は見つけられましたか?
弊社のウェブサイトについて、総合的にどのくらい満足していますか?
知りたい情報は見つけやすかったですか?
弊社のウェブサイトをお友達や同僚にお勧めできそうですか?