Search
Languages
ホーム / リソース / Bourns Environmental, Social and Governance

Bourns Environmental, Social and Governance

Bourns 環境・衛生および安全ポリシー

環境、健康、安全に対するボーンズの取り組みは、弊社の従業員だけでなく、顧客や地域コミュニティーにも及びます。 Bourns は次のことに努めています。

  • 全ての事業所の運営に際し、環境・衛生および安全に関する適用法令や規則を遵守し、Bourns が賛同する他の要件や、環境・衛生および安全に関するポリシーを支持します。
  • 弊社の環境・衛生および安全マネジメントシステムを実践し、環境・衛生および安全に関する目的や目標を定期的に見直します。
  • Bourns の全製品ラインナップに関連した事業活動、製品、プロセスおよびサービスを計画、設計および実施する際には、環境的側面や潜在的な安全上の問題およびリスクを考慮します。
  • 素材のリサイクルとリユースの可能性を積極的に見直し、潜在的な安全上の問題およびリスクを特定、評価および軽減し、環境や安全の分野においてその他の合理的な対策を取ることにより、汚染を防止し、廃棄物を最小に抑える取り組みを継続的に改善するように努めます。
  • • 弊社の従業員、お客様、サプライヤーおよび契約業者を教育し、安全で衛生的な職場と環境を維持するという目標を共有します。

Please direct all your questions to ehs-corp@bourns.com.

持続可能性のための責任ある実践

ボーンズは、強固な企業持続可能性戦略を維持する上で、私たちが生活し働いている地域社会、そして世界全体に対する責任の重要性を理解しています。 会社の強力な倫理方針とコンプライアンス プログラム、継続的なプロセスの改善、ベスト プラクティスの導入に支えられ、Bourns の経営陣と従業員はこの責任を非常に真剣に受け止めています。

この取り組みに関連して、弊社の製品の多くは、ますます多様化する持続可能なアプリケーション向けに設計されており、Bourns のソリューションは、電力および熱管理、電気自動車、充電インフラ、産業オートメーション、再生可能エネルギーの設計に必要な、より高い効率と信頼性の実現に役立ちます。

Recycling

Bourns は、卓越性への取り組みとともに、卓越した品質と価値を提供するという指針に基づいて設立されました。これらの企業価値観は、Bourns の高い倫理基準と運営文化を形成し続けています。私たちが世界をより良い場所にするのに貢献できるという信念、昨日よりも今日は、強力で成功する持続可能性プログラムを構築する際のビジネス慣行と手順を継続的に改良する原動力となるコンセプトです。

Environmental Management

環境管理とコンプライアンス

グローバル コミュニティの不可欠なメンバーとしての Bourns の基本的な役割の 1 つは、環境を保護し、次の世代のために安全に保つことです。そのため、私たちは、使用する材料と製品がどのような影響を今の世界、そしてこれからの世界に与えるかを考え、意思決定とビジネス目標のバランスを取るよう努めています。

弊社は、顧客、サプライヤー、パートナーと緊密に連携して、当社の製品、製造プロセス、その他の事業分野が環境に与える影響を最小限に抑えるとともに、世界中で適用されるすべての環境法および製品コンプライアンス法および規制の遵守に努めています。 Bourns は、事業で使用される原材料の量を削減する方法を引き続き模索し、可能な限り廃棄するのではなく再利用します。Bourns はリサイクルと再生材料の使用を推進をポリシーとしています。

Environmental Programs Bourns Environmental Programs

計画の実行

2021 年、日本のボーンズ株式会社 は アップル社のクリーン エネルギー プログラムに参加し、すべての アップル社向け生産に 100% クリーン エネルギーを使用することに取り組んでいます。

2021 年 2 月、ドイツのタウフキルヒェン市にある Bourns オフィスでは、オフィスの照明を LED に交換し、エネルギー消費量を 30% 削減しました。

台湾のボーンズ エレクトロニクス工場は、2021 年にエネルギー消費量を合計 550,799 kWh 削減し、二酸化炭素排出量を約 276 トン削減しました。 紙、鉄、プラスチックなどを含むリサイクル材料を2020年の28.02トンから2021年には30.32トンに増加させました。 リサイクル材料の増加により、炭素排出量は約 46.876 トン削減されます。

コスタリカにある Bourns Trimpot Electronicas Limitada 工場は、さまざまな環境プログラムを通じて 2017 年から 2021 年まで一貫して炭素排出量を削減してきました。 たとえば、2021 年には、施設の原材料廃棄物を 1,270% という大幅な削減に成功しました。 Bourns Costa Rica の施設は、3 年連続でコスタリカ国家ブルーフラッグ賞を受賞しました。 この賞はコスタリカ政府によって毎年、環境保護、気候変動緩和のための活動の実施、より良い衛生環境の追求、公衆衛生の改善に取り組んだ企業に授与されます。

英国ボーンズ・ベッドフォード製造施設は、2021 年にスクラップの量を削減する計画を開始しました。 施設が総スクラップ削減で達成できる年間節約額は、24,723 ポンド (または約 34,400 米ドル) と推定されます。

2021 年、Bourns メキシコ – ティファナは、地球温暖化と気候変動の影響を軽減するために、エネルギー削減と持続可能性の計画を策定しました。 この計画には、グリーン エネルギー供給会社への変更、エネルギー消費量を削減するためのプロジェクト管理システムの強化、HVAC 使用のさらなる最適化が含まれていました。 その結果、電力消費量が大幅に削減され、合計で年間 600 万メキシコ ペソ (約 315,000 米ドル) の節約になります。

Bourns 東莞の中国施設では、銅と錫のスクラップ削減プログラムを実施しました。 東莞の施設は設立以来、スクラップ廃棄物を大幅に削減し、年間約 203,000 ドルを節約することができました。

Bourns Environmental Looking to the Future

Looking to the Future

Bourns engaged one of the Big 4 accounting firms in 2021 to establish procedures for and a plan with data quality checks to survey and inventory Green House Gases (GHG) emissions at 41 of the company’s global locations. Based on this data, Bourns is developing a roadmap for GHG emissions reduction. Based on this data Bourns will determine its GHG Scope 1 and Scope 2 baseline and then will focus on developing a roadmap for GHG emissions reduction with concrete goals. Additionally, Bourns will be hiring additional regular staff to oversee and manage the program in the near future.