Search
Languages

prodline_2_electrode

ガス放電管 (GDT) サージアレスタは電圧依存のスイッチとして動作します。定格 DC 破壊電圧を超える電圧が装置全体にかかると、GDT 内のガスがイオン化しはじめ、インパルス放電開始電圧に達するまで放電します。この時点で、このデバイスは完全にオン状態となり、放電電流とは関係なく、低アーク電圧が維持されます。過渡電流が通過すると、GDT は非放電状態に戻ります。GDT 技術は、極めて大きなサージ電流を処理することができ、オフ状態の絶縁抵坑が極めて高く、静電容量が極めて低いことから、スタンドアロン型のプロテクタとして、または多段式回路保護設計の初期手段として最適です。

Bourns® では、2 電極および 3 電極 の GDT と新しい革新的 FLAT® GDT シリーズを豊富に取り揃えています。より高い信頼性と安全性を確保するオプションとして、選ばれた 3 電極バージョンには、独自開発のスイッチグレードフェイルショート機能があります。Bourns が提供する電気通信設計キットには、この製品群のほかに、Bourns オンライン製品トレーニングBourns® ガス放電管の小冊子が含まれています。

Please take a quick survey
アンケート  
Opt out

Bournsウェブサイトに関するアンケート

1を最低、5を最高の評価として、忌憚の無いご意見をお聞かせ下さい。
知りたい情報は見つけられましたか?
弊社のウェブサイトについて、総合的にどのくらい満足していますか?
知りたい情報は見つけやすかったですか?
弊社のウェブサイトをお友達や同僚にお勧めできそうですか?